通信制限 外でインターネット

これだけは覚えておきたい「通信制限」 外でインターネット

テザリングや、WiFiを使って外でインターネットしている人は知っている。これだけは覚えておきたい「通信制限」とは何か?もともとテザリングはスマホや携帯電話回線を使ってインターネットをしています。そこにはもちろん音声通話なども流れてきているので、ずーーっと外でインターネットをしていると線が足りなくなってしまいますよね?!そこで考え出されたのが通信制限です。沢山使っているユーザーも少ししか使わないユーザーも同じ料金だったらやっぱり不公平。使いすぎたら速度を落として警告するのが通信制限です。これは、音声通話とインターネットを同じ回線で行うのでしょうがないことなんです。

 

通信制限・通信速度制限の適用条件

外でインターネットしている場合でも、通信制限があるので気をつけてください。たとえば音楽や、動画、Movieなどをダウンロードする場合は、それなりの通信量が発生します。

イーモバイルLTEの通信制限

イーモバイルLTEは、ルーターによって速度が違い、イーモバイル4G、イーモバイルLTEと分かれています。

通信方式 対応ルーター 通信制限適用条件
イーモバイル4G(110Mbps) GL10P,GL09P 3日間の通信量が839万パケット(約1GB)以上の場合、その日の6時から翌日6時まで。
イーモバイルLTE(75Mbps)

GL01P,GL02P,GL04P
,GL05P,GL06P
,GL03D,GL08D

24時間ごとのご利用通信量が300万パケット(約366MB)以上の場合、その日の21時から翌日2時まで。
さらに月のご利用通信量が10GB以上の場合、その月1ヶ月間。

 

WiMAXの通信制限

WiMAXの通信制限は基本的に無し。基本的にと言う部分に、疑問を持った方も多いと思いますが、ここで詳しく解説します。
WiMAXには、現在、通信方式が2つあります。一つはWiMAXと呼ばれる1年契約のサービスともう一つはWiMAX2+と呼ばれる2年契約のサービス。選ぶルーターによりWiMAXかWiMAX2+かが決まります。
そしてWiMAX2+は3つのプランに分かれます。

プラン 使える通信方式 通信制限
ノーリミットモード WiMAX 完全通信制限なし
ハイスピードモード WiMAXとWiMAX2+ 25ヶ月間通信制限なし。ただし、ハイスピード+エリアモードを使った月の場合は、その通信制限に引っ張られてしまいます。
ハイスピード+エリアモード WiMAXとWiMAX2+とLTE

WiMAX 2+とLTEの通信量の合計が7GBを超えたら、その月のWiMAX 2+とLTEの速度が128kbpsに速度制限されます。
ただし、制限が掛かった場合、ルーターの設定をノーリミットモードにすれば、無制限で使えます。

現在、WiMAX2+のルーターは、HWD14とNAD11の2つ。このうちハイスピード+エリアモードに対応しているものは、HWD14のみです。
2015年8月には全てWiMAX2+に完全移行なります。WiMAXの通信制限は、全くありません。
WiMAXの1年プランを選ぶなら今が最後になります。お得なキャンペーンもやっていますので、ためしに使ってみたい方はこちらのページでキャンペーンを確認してみてください。

次は外でインターネット 最安で使う方法>>

WiMAXLTEキャンペーン